デリケートゾーンの黒ずみ平均レベルはどのくらい?色の度合は?

デリケートゾーンの黒ずみは他人と比べることができないだけにどのくらいが平均レベルなのか気になります。
日本女性の平均レベルやどのくらいの色なのか?男性の理想や目指す色の目安についてご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみを治すために-クリームを使ったケア-

日本女性のデリケートゾーンの黒ずみレベルは平均どのくらい?

デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方は、自分が人より黒ずみが濃いのではないか?と悩みがちですが、平均のレベルを知らないのが普通です。
平均が分らなければデリケートゾーンの黒ずみが濃いかどうかも分かりません。
日本女性のデリケートゾーンの黒ずみは、欧米の白人に比べると濃いですが、それは白人と黄色人種の違いです。
あるアンケートによると日本女性の平均のデリケートゾーンの黒ずみは、1から30レベルだと13程度で、13から15ぐらいの方が一番多く、薄い方は10%、極端に濃い方も15%程度、残りが平均の13から15レベルという結果でした。
つまり、多くの方はデリケートゾーンの黒ずみがどのくらいかというと平均レベルです。

デリケートゾーンの黒ずみ色の度合はどのくらいなのか?

自分のデリケートゾーンの黒ずみが平均レベルだったとしても、具体的にどのくらいの色の度合なのか気になる方も多いのではないでしょうか?
日本女性の平均のデリケートゾーンの黒ずみは色の度合でいうと赤茶色と言われています。
赤茶色といっても濃さがどれくらいかわかりづらいので、肌の色でご紹介しましょう。
薄い色がクリーム色、次に薄茶、次が茶色、その次がこげ茶、一番恋色が黒とします。
この中でデリケートゾーンの黒ずみ平均の色の度合はどのくらいかというと茶色からこげ茶です。
自分のデリケートゾーンの黒ずみが茶色からこげ茶程度ならば日本女性の平均の色なので問題ありません。
ただし、美容に関心の高い女性は平均レベルより薄くしたいという人が多いです。

男性が望むデリケートゾーンの黒ずみはどのくらい?

日本女性の平均的なデリケートゾーンの黒ずみはどれくらいかというと茶色からこげ茶ですが、男性の理想は違います。
男性が考える女性のデリケートゾーンの黒ずみは圧倒的にクリーム色からうす茶が多いです。
平均的な日本女性のデリケートゾーンの黒ずみより薄くなっているので、男性の理想に合わせるとすると平均的なデリケートゾーンの黒ずみであっても濃いと思われる可能性があります。
男性の中にはデリケートゾーンの黒ずみが濃いと遊んでいると思う人もいるので、デリケートゾーンの黒ずみケアをして平均の色より薄くしようと努力する女性も多いです。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいを目指せばいい?

まずは、日本女性のデリケートゾーンの黒ずみがどのくらいかということを把握して、自分がどのくらいのレベルなのか把握することから始めましょう。
例えば、デリケートゾーンの黒ずみが平均的なレベルならば、デリケートゾーンの黒ずみクリームなどで日常的なケアをすれば問題ないでしょう。
デリケートゾーンの黒ずみが濃いならば病院で治療も視野に入れましょう。
デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいを目指せばいいかは、自分の度合がどのくらいなのか把握してからが良いです。

おすすめのページ