デリケートゾーンの黒ずみ平均レベルはどのくらい?色の度合は?

デリケートゾーンの黒ずみは他人と比べることができないだけにどのくらいが平均レベルなのか気になります。
日本女性の平均レベルやどのくらいの色なのか?男性の理想や目指す色の目安についてご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみを治すために-クリームを使ったケア-

日本女性のデリケートゾーンの黒ずみレベルは平均どのくらい?

デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方は、自分が人より黒ずみが濃いのではないか?と悩みがちですが、平均のレベルを知らないのが普通です。
平均が分らなければデリケートゾーンの黒ずみが濃いかどうかも分かりません。
日本女性のデリケートゾーンの黒ずみは、欧米の白人に比べると濃いですが、それは白人と黄色人種の違いです。
あるアンケートによると日本女性の平均のデリケートゾーンの黒ずみは、1から30レベルだと13程度で、13から15ぐらいの方が一番多く、薄い方は10%、極端に濃い方も15%程度、残りが平均の13から15レベルという結果でした。
つまり、多くの方はデリケートゾーンの黒ずみがどのくらいかというと平均レベルです。

デリケートゾーンの黒ずみ色の度合はどのくらいなのか?

自分のデリケートゾーンの黒ずみが平均レベルだったとしても、具体的にどのくらいの色の度合なのか気になる方も多いのではないでしょうか?
日本女性の平均のデリケートゾーンの黒ずみは色の度合でいうと赤茶色と言われています。
赤茶色といっても濃さがどれくらいかわかりづらいので、肌の色でご紹介しましょう。
薄い色がクリーム色、次に薄茶、次が茶色、その次がこげ茶、一番恋色が黒とします。
この中でデリケートゾーンの黒ずみ平均の色の度合はどのくらいかというと茶色からこげ茶です。
自分のデリケートゾーンの黒ずみが茶色からこげ茶程度ならば日本女性の平均の色なので問題ありません。
ただし、美容に関心の高い女性は平均レベルより薄くしたいという人が多いです。

男性が望むデリケートゾーンの黒ずみはどのくらい?

日本女性の平均的なデリケートゾーンの黒ずみはどれくらいかというと茶色からこげ茶ですが、男性の理想は違います。
男性が考える女性のデリケートゾーンの黒ずみは圧倒的にクリーム色からうす茶が多いです。
平均的な日本女性のデリケートゾーンの黒ずみより薄くなっているので、男性の理想に合わせるとすると平均的なデリケートゾーンの黒ずみであっても濃いと思われる可能性があります。
男性の中にはデリケートゾーンの黒ずみが濃いと遊んでいると思う人もいるので、デリケートゾーンの黒ずみケアをして平均の色より薄くしようと努力する女性も多いです。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいを目指せばいい?

まずは、日本女性のデリケートゾーンの黒ずみがどのくらいかということを把握して、自分がどのくらいのレベルなのか把握することから始めましょう。
例えば、デリケートゾーンの黒ずみが平均的なレベルならば、デリケートゾーンの黒ずみクリームなどで日常的なケアをすれば問題ないでしょう。
デリケートゾーンの黒ずみが濃いならば病院で治療も視野に入れましょう。
デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいを目指せばいいかは、自分の度合がどのくらいなのか把握してからが良いです。

おすすめのページ

イビサセラムProの効果とは?-デリケートゾーンの黒ずみ用美容液-

イビサセラムProはデリケートゾーンの黒ずみケア用セラムつまり美容液です。
多くのデリケートゾーンの黒ずみケアアイテムがクリーム状であるにもかかわらず、セラムタイプ。
しかしながら、イビサセラムProの口コミは悪くありません。
口コミに偽りがあるのか、それとも、イビサセラムProが優れているのか、どちらでしょうか?

>デリケートゾーンの黒ずみを治すために-クリームを使ったケア-

イビサセラムProがクリーム状でなくとも口コミが良いのには理由がある

イビサセラムProはデリケートゾーンの黒ずみケアアイテムの中ではめずらしいセラムタイプです。
保湿しやすい形状と言えばクリームですから、デリケートゾーンの黒ずみをセルフケアするアイテムと言えば美白成分が配合されているクリームが王道中の王道です。
ですが、イビサセラムProが口コミで好評を博しているのはセラムタイプだからこそ。
というのも、クリーム状だとどうしてもベタつきを感じることがあります。
顔のスキンケアの際にクリームだとニキビができる等の肌荒れに見舞われることがあるのと同様にクリームが合わない肌質の人もいますから、イビサセラムProだからこそ肌に合う人もいて当然です。

イビサセラムProが効果的なのは必要な成分はきちんと配合されているから

イビサセラムProはベタつきにくいというメリットを持っているわけですが、それだけで口コミが良いわけではありません。
イビサセラムProには、デリケートゾーンの黒ずみケアに欠かせない美白成分が2種類も配合されています。
配合されている美白成分はビタミンC誘導体とアルブチンです。
どちらも、美白成分として信頼の置ける成分、かつ、肌に負担が少ない成分です。
デリケートゾーンの黒ずみを改善に導く成分がきちんと配合されている、すなわち、効果が期待できる。
だから口コミが良くなる、というわけです。
また、抗炎症成分・グリチルリチン酸2Kが炎症や肌荒れを落ち着かせる効果も、イビサセラムProの口コミが良い理由の一端を担っていると考えられます。

イビサセラムProはデリケートゾーンの黒ずみ改善効果で選んだ口コミが多い

イビサセラムProは美白効果を持つ有効成分が2種類も配合されています。
デリケートゾーンの黒ずみケアアイテムの大半は、美白効果を持つ有効成分をいくつか配合するのではなく1種配合し、それをメイン成分としています。
有効成分とは、厚生労働省に効果があると認められている成分のこと。
認められていない成分を勝手に有効成分にすることはできません。
ところが、イビサセラムProは有効成分として認められている成分を2種類も配合しています。
そのぶん、デリケートゾーンの黒ずみ改善効果が期待できる、期待通りだったという口コミに繋がっています。

この記事も人気

イビサクリームは口コミ通りにデリケートゾーンの黒ずみに効くのか

イビサクリームは口コミが良く、口コミ通りであればデリケートゾーンの黒ずみに効果を発揮するように思えます。
しかし、口コミだけでは信頼しきれない人もいるはずです。
そこで、イビサクリームの口コミを紐解き、何がどんな風にデリケートゾーンの黒ずみへの効果に繋がっているのかを解説します。

デリケートゾーンの黒ずみを治すために-クリームを使ったケア-

イビサクリームは口コミ通りにデリケートゾーンの黒ずみを保湿してくれる

イビサクリームの口コミに多いのが、

  • すべすべになる
  • つるつるになる

というもの。
これらは、イビサクリームを使うことでデリケートゾーンの黒ずみが保湿されていることを示しています。
また、イビサクリームにはグリチルリチン酸2Kという抗炎症成分が配合されているため、肌荒れや炎症を抑制することがすべすべ・つるつるな質感になることと結びついているとも考えられます。
乾燥も肌荒れも炎症も、デリケートゾーンの黒ずみの元凶であるメラニン色素の生産スイッチを入れてしまう“刺激”です。
そういう刺激を予防改善してくれるイビサクリームだからデリケートゾーンの黒ずみに効果を発揮するということがわかります。

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみを美白する成分が配合されている

イビサクリームは名前の通りにクリーム状なので、デリケートゾーンの黒ずみを保湿しやすい形状です。
ですが、保湿だけではデリケートゾーンの黒ずみは薄くなりません。
保湿だけで薄くなることもあるとはいえ、デリケートゾーンの黒ずみを薄くするのに不可欠なのは美白成分です。
イビサクリームはどうなのか?
美白成分もきちんと配合されています。
トラネキサム酸という美白成分で、厚生労働省に美白効果があると認められているのみならず肌にも負担が少ない成分です。
よって、イビサクリームを使うことで「(デリケートゾーンの黒ずみが)薄くなった」という口コミは美白成分によるものだということがわかります。

イビサクリームのデリケートゾーンの黒ずみへの効果は口コミ通りと言える

イビサクリームの口コミは、イビサクリームに配合されているグリチルリチン酸2Kやトラネキサム酸の効果を逸脱している内容ではありません。
配合成分通りの口コミがされているということです。
それはつまり、イビサクリームのデリケートゾーンの黒ずみへの効果は口コミ通りで、嘘や大袈裟ではないということでもあります。
イビサクリームはブラジリアンワックスのサロンが開発したという経緯もあり、デリケートゾーンという繊細な場所の黒ずみにも安心して使えるのが魅力です。

人気の記事

デリケートゾーンの黒ずみを治すために-クリームを使ったケア-

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法として、クリームを使ったケアが挙げられます。
病院に行ったり、レーザー治療をしたりすることなく、自分でケアすることが可能だということです。
ただ、どんなクリームでもいいわけではないため、デリケートゾーンの黒ずみを市販クリームで治す方法を解説します。

デリケートゾーンの黒ずみを治すには市販のクリームを使えばいい

デリケートゾーンの黒ずみを治すためには絶対に病院に行かなければならない?
いいえ、デリケートゾーンの黒ずみはクリームで治すことが可能です。
デリケートゾーンの黒ずみがなぜ黒く見えるのかというと、皮膚細胞の中のメラニン色素の色が透けて見えているからです。
顔にできるシミやそばかすも、日焼けで手足が黒くなるのも、メラニン色素の色が黒いからです。
つまり、顔や手足をケアするのと同様にデリケートゾーンの黒ずみもケアすればいいということなのです。
そのためには、クリームを使ってください。
もっとも、クリームの形状をしていればいいわけではなく、成分が重要になります。
シミやそばかすや日焼けをケアする際に必須の美白成分がデリケートゾーンの黒ずみケアにおいても必須の成分となります。

デリケートゾーンの黒ずみがひどいとしてもクリームで治すことがおすすめ

デリケートゾーンの黒ずみがひどいと、治すために病院に行かなければならないように思えます。
しかし、怪我や病気の治療とは異なるため、保険適用外となる可能性があります。
また、相手が女性医師であろうとも積極的に見せたい場所ではなく、セルフケアで何とかしたい人のほうが多いのではないでしょうか。
実際、デリケートゾーンの黒ずみは病院で治療したいという人よりもセルフケアで何とかしたい人のほうが多く、そうした声を反映してデリケートゾーンの黒ずみケア用クリームが作られています。
まずはそういうデリケートゾーンの黒ずみケア用クリームを使い、その上で病院へ行くべきかを判断しても遅くはありません。

デリケートゾーンの黒ずみケア用クリームを使うのが治すための第一歩

デリケートゾーンの黒ずみを治すには、クリームはクリームでも美白クリームを使う必要があります。
美白成分が配合されているクリームが美白クリームです。
とはいえ、美白成分が配合されているかどうかをどうやって確認すればいいのかという話になります。
確実なのは、デリケートゾーンの黒ずみケア用として市販されているクリームを使うことです。
薬局やドラッグストアで買える安いクリームはプチプラの割に評判が良い物だったとしても、それはあくまでもただのクリームとして評判が良いだけで、美白成分がしっかりと配合されている物は少ないです。
その点、デリケートゾーンの黒ずみケア用として市販されている物であれば確実に美白成分が配合されています。

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法ランキング上位はクリーム!

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法やケアアイテムのランキングを調べると、すぐにクリームが出てきます。
これは、

  • 病院へ行って治療するよりもクリームを使ったセルフケアのほうがおすすめできる
  • 石鹸やボディソープを使ったケアよりもクリームを使ったケアのほうがおすすめできる

からです。
また、デリケートゾーンの黒ずみのケアアイテムはジェルやジェルクリームもあるのですが、保湿力が高いクリーム状の物が特におすすめできるということも意味しています。
薬局やドラッグストアで買える石鹸やボディソープを使ったケアは安上がりです。
ですが、安い物・プチプラな物は効果もそれなりで値段以上とはなりません。
デリケートゾーンの黒ずみがひどい人やしっかり治したい人は、デリケートゾーンの黒ずみ用に開発されたクリームこそが強い味方です。

次に読まれている記事